疲れやすくなった 原因はコロナ?

本格的な猛暑続きということで、暑さで疲れやすくなったという方は多いのではないでしょうか。


あとは、コロナも猛威を振るっていて大変な状況ですよね。


疲れやすくなった原因としてはいろいろあると思いますが、コロナが原因で疲れやすくなるということもあるようです。コロナに感染してしまうと息切れしやすくなったり、呼吸が浅くなって疲れやすくなるということもあるようです。


発熱とかの症状がなくても疲れやすいという場合もあるようです。


そういった場合にはパルスオキシメーターで血中酸素濃度を測ってみるといいそうですよ。血中酸素濃度が低下していて、検査したらコロナだったという人もいるようです。


客観的な数値を知ることで、保健所とかに連絡するときにも自分の状態を数値で知らせることができて対応してもらいやすくなるというのもあるようです。


ただ、「息苦しいです」というよりも「血中酸素濃度が○○です」というように言えば、保健所とかも深刻具合がわかって対応してくれやすくなるはずです。


しばらくコロナは収まりそうにないですし、心配な方はいざというときにパルスオキシメーターを持っておいたほうがいいかも